ゆかりの地

【 ゆかりの地 】 記事一覧

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

~記憶と記憶の間たどって~ 東京番外編

ゆかりの地

昨年に引き続き,きました。このCM。
news_large_Perfume_PoB3.jpg
どうやって浮遊してんでしょう?
かすかに糸が見えるような・・・??
P.T.Aでのちのち見れる(かも),撮影の舞台裏映像が楽しみです。

そんなこともありましたが,このCMより前の話題です。
”未来のミュージアム”がドラえもん映画の主題歌ってことで十数年ぶりに映画館に行き,ドラえもんを観てきました。
映画館に行ったのは昨年11月のライブビューイング以来。その時に行ったにせよ,映画館で映画を観るのなんて十数年ぶり。前回映画館で観たのも小学生の時にドラえもんだったような・・・
平日の昼間に男一人で行っても,お金さえ払えば入れてもらえます(たぶんw)
まあ若干怪しまれたような気がしなくもないですが^^;

映画の感想は,
「”未来のミュージアム”の歌詞と,映画の内容が見事にうまくリンクしていました。」
と一言だけにしておきます。
これ以上言ってネタバレになっても,これから観る方に先入観が入ってもアレなので。


映画館で観ると,こんなのもらえます。
P3241726.jpg
頭に乗ってるピンク色のは何か&映画の感想の続きが気になった方は実際に映画館で観てくださいねww

ドラえもん×(未来の)ミュージアム といえば・・・「ドラえもんミュージアム!!」
そんなものがあるのかな~??(いやきっとあるだろう~~)と思い調べたら  ありました。
P3081620.jpg
正式には「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」です。

ということで(どういうことで?),行ってきました!!
子供向けのミュージアムだと思って当初はあまり期待していなかったんですが,そんなこともなくけっこう長居してしまいました(;^ω^A
幅広い世代の方が楽しめるミュージアムだと思います。
ここに行くまではあまり意識していなかったんですが,藤子先生の作品はドラえもんだけではないんですよね。
いろんな作品の原画やモノがあり,藤子先生の作品の多さを改めて知りました。

僕が行ったときには「大長編ドラえもん原画展」が公開されていました。
展示されている歴代のドラえもん映画の原画を見ると映画公開当時の思い出がよみがえってきます。
ドラえもん映画好きな人同士で来て,これを見ながら語り合うと話が尽きないでしょうね(^^)

”ひみつ道具博物館”の映画公開直前に行ったので,館内にはこれが
P3081619.jpg
さすがに,主題歌とPerfumeについての詳しい紹介まではなかったです(^▽^;)

ミュージアムにはカフェもあって,どら焼きやホンモノの(?)アンキパンはじめいろいろありました。
そしてショップにはこんなものも(外観)
P3241721.jpg

中身は↓
P3241720.jpg
P.T.A会員の方なら見覚えあるはず(^○^)
(顔の横に持ってきて自画撮りしたりはしません(笑))
1枚ずつでも買えますし,箱買いもできました。
もったいなくてなかなか食べられないです。

ミュージアムの屋上にはドラえもんと,有名な空き地の土管があったりヽ(*^^*)ノ
P3081615.jpg
子どもの頃見てたあの世界に入り込んでしまったみたいで,本当に楽しかったです!
館内の細かなところまで気遣いされていて,とても充実した施設でした。
子ども連れだけでなく,大人の方にもぜひ。

~アクセス~
(タイトルで「東京番外編」と書いておきながら,所在地は神奈川県です。)
JR南武線,小田急線「登戸駅」からバスで10分ほど
※バスも藤子先生のイラスト入りで,そこから楽しめます。

または
JR南武線「宿河原駅」徒歩15分
小田急線「向ヶ丘遊園駅」徒歩16分
※JR南武線「宿河原駅」駅前のコンビニには藤子先生のキャラクターたちが!!
 そこからミュージアムまでの道のりにもキャラクターが隠れています。
 時間に余裕のある方は駅から歩いてみるのも楽しいですよ。

~その他注意~
①入館チケットはミュージアム窓口での販売はありません。事前にローソンチケットでの購入が必要です。
 (3月分はほぼ売り切れのようです)詳しくはミュージアム公式HPをご覧ください。

②平日に行ったんですが,お昼前にはカフェは並んでいました。
 休日ともなればもっと混雑すると思われます。

何か質問などありましたらお気軽にどうぞ。
答えられるものでしたら喜んでお答えします(^ω^)

Perfumeゆかりの地とは若干話がそれてしまいましたが,次はもっと関係の深い場所へ向かいます!
スポンサーサイト

▲PageTop

~記憶と記憶の間たどって~ 山梨編

ゆかりの地

Perfumeゆかりの地巡り。
いくつか行ってきたのでまとめて更新しちゃいます!
今回はここ
P3071612.jpg
「富士山」へ,ちょっくら一人旅。

わかる人にはおなじみだと思いますが,2011年7月放送の”ひみつの嵐ちゃん”で
Perfumeの3人が訪れた場所。
当時の動画&画像が残っていなかったのが残念です^^;
番組を見たことのある方は,記憶で場面を補ってください。

まずはここ
P3071610.jpg
「富士山レーダードーム館」
P3071609.jpg
ここには実際に富士山頂に設置されていたレーダードームが移設され,展示されています。
そして何と言っても,富士山頂と同じ気候(-20℃)が体験できるマシーンがあります。
番組内で,「早押し富士山クイズ」をした場所です。
かしゆかの「ふじさんっ/(^o^)\」ギャグがでたところです。

3人が登った階段(一番左側の段差が高いところ)
P3071606.jpg
もちろん登ってきました。
登った先は展望台になっていて,富士山がきれいに見えましたよ。
ちなみにレーダードーム館入口は階段を登った先ではなく,右奥のガラス扉です。ご注意!

館内で富士山頂気候体験もしてきました。
一般の観光客は30秒程度なんですが,3人はけっこう長い時間やってましたよね?(特にかしゆか)
しかもあの恰好で(; ̄Д ̄)
”ヒンヤリ”以上に”ぐったり”してたわけがわかりました。
気候体験マシーンの前には当時のロケの写真が貼ってありましたよ。

次はここ
P3071596.jpg
見覚えのある?路地
その先には「手打ちうどん しんたく」さんです。
P3071598_20130323221133.jpg
山梨名物”吉田のうどん”を食べるためにPerfumeの3人がやってきた場所。
しかし!看板をよく見ると,残念ながら「定休日」
事前に調べて定休日は知っていたので,とりあえず写真だけでも・・・ってことで行きました。
あ~ちゃんの名言「バインバイン」が生まれた場所であり,ぜひここで食べたかったんですが(´_`。)

違う店での一枚
P3071602.jpg
嵐の松本さん&かしゆかが注文した”肉つけうどん”
大盛りでも500円くらい。麺もしっかり「バインバイン」w
お店というより広めの民家という感じで,初めて行とびっくりするかも。

近くの高台に行くと,こんなふうに富士山が見えました。
P3071593.jpg
ちょっとかすんでますが,実際はもっと大きくて迫力がありました。
カメラマンの腕次第ですかね??

最後にこの子も忘れずに
うどんぶりちゃん
”チョコレイト・ディスコ”踊れます!
P3231719.jpg
うどんぶりちゃん
こんなお土産めったに買わないんですが,つい買ってしまい(^^)

行く気になれば,富士急ハイランドといちご狩りも近くだったんですが,一人で行くのは・・・
だったので今回はなし。
”微かなカオリ”PVロケ地もこの近辺なので,次回また来ることとしましょう。

~アクセス~
「富士山レーダードーム館」
富士急行「富士山」駅(富士吉田駅)からバスで10分
「サンパーク富士」下車徒歩3分または「富士山レーダードーム前」下車すぐ
バス路線が分からない場合は,バス乗り場前の案内所で聞いてみると確実です。

「手打ちうどん しんたく」
富士急行「下吉田」駅下車徒歩10分ほど
目印となるものは近くの”富士浅間神社”でしょうか。
僕は,神社の近くにあった案内の地図を偶然見つけて辿りつくことができました。
わかりにくい場所ではありますので,
①場所をよく調べていく
②現地で地元の人に聞いてみる
ということをおすすめします。

▲PageTop

~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その10

ゆかりの地

聖地巡礼の東京編をエリア別に紹介しています。

これまでの記事はこちら
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その1 (池袋)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その2( 渋谷・代官山 前篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その3 (渋谷・代官山 中篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その4 (渋谷・代官山 後篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その5 (恵比寿・原宿)

~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その6 (代々木公園 前篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その7 (代々木公園 後編)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その8 (九段下・水道橋)

~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その9 (亀戸)


先日行われた東急東横線の地下化に伴い,代官山周辺のマカロニPVロケ地の風景も様変わりしたようです。
地下化工事後の風景もいずれ見に行ってみたいと思っています。
というわけで,同じマカロニPVから今回は

マカロニロケ地 四つ木 編です。

四つ木には,マカロニPVのうちのこの場面
Kashiyuka-15300.jpg
かしゆか編 3'00あたり

Kashiyuka-17400.jpg
かしゆか編 4'00あたり

ここに映っている黄色い橋があります。
P5251227.jpg

P5251232.jpg

のっちがカメラを持っているのもここですね。
Nocci14-349.jpg
のっち編 3'52あたり

この小さな橋,普段は車は通れません。
「四つ木避難橋」という名前です。
晴れていれば橋の向こうにスカイツリーが見えたんですが,この日は雨模様。
霧がかかっていてほとんど見えませんでした。

すぐ近くに,あ~ちゃんが横切っている橋があります。
(この場面)
a~cyan19-339
あ~ちゃん編 3'39あたり

引きで見るとこんな橋です。
街灯と重なってますが,後ろに見えるのはスカイツリー
P3081656.jpg
四つ木避難橋とは別の日に行ったので雨も降っておらず,この日は遠くまで見えました。

P3081658.jpg
あ~ちゃんが渡ってたのはこのへんでしょうか?

この橋は車が通るんですが,信号の関係でこのようにきれいに車がいなくなるタイミングがあります。
撮影するにはありがたいですね。

PVの最後に3人が飛んだり走ったりしてた河川敷
P3081661.jpg
ここからも,PV撮影当時にはなかったスカイツリーが
P3081659.jpg

両A面シングル"Baby cruising Love / マカロニ"のリリースが2008年1月16日
それから5年以上経ち,なくなってしまう代官山の踏切や,遠くに見えるスカイツリーなど風景が変わり始めている場所も多いです。
それを比較しながら巡るのも楽しみの一つです。

~この橋へのアクセス~
東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄浅草線「押上」駅で,京成押上線に乗り換え。
「四つ木」駅下車。徒歩5分ほど

”聖地巡り東京編”としてはとりあえず今回が一区切りとなります。
まだまだ行ってない場所はありますので,機会があれば行ってみますね。

▲PageTop

~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その9

ゆかりの地

昨年から引き続き,今年もやります。
聖地巡礼の東京編です。

過去の記事はこちら
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その1 (池袋)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その2( 渋谷・代官山 前篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その3 (渋谷・代官山 中篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その4 (渋谷・代官山 後篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その5 (恵比寿・原宿)

~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その6 (代々木公園 前篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その7 (代々木公園 後編)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その8 (九段下・水道橋)


今回は⑥亀戸です。

東京に行ってぜひ行ってみたいと長らく思っていたのがここ
サンストリート亀戸
サンスト2

総武線亀戸駅前にある小さなショッピングセンターです。
その昔,上京直後のPerfumeが
ここにあるステージでライブやイベントなどを行っていました。
「Perfume サンストリート」などで検索すると当時の映像など見ることができます。

当時の様子
サンスト
「モノクロームエフェクト」披露中
「未来のミュージアム」の衣装と若干似てる??


サンストリート亀戸は店舗が円形に並んでいて,
そこの中庭になっている場所にステージ&客席があります。
サンスト5
2階通路から。写真奥の緑色の屋根のところがステージです。


ここでライブをしていた当時,お客さんの大部分はPerfumeを見に来たわけではなく
買い物ついでにたまたま居合わせた人たちだったでしょう。
その人たちにどうやって振り向いてもらい,名前を覚えて帰ってもらうか。
日々考えていた時代でした。


近づいて見るとステージと客席はこんな感じ
サンスト3
「九段下・水道橋編」で訪れた,ラクーアガーデンステージ並の大きさのステージです。
実感としてはこちらの方が小さかったように思いました。


ステージ斜め後ろから
当時のステージ上から見える光景はこんな感じだったんでしょうか。
サンスト4

このステージは改修工事が行われてPerfumeの3人がライブやイベントを行っていた当時よりも
立派になったようです。当時はもっと低いステージだったとのこと。



東京に用事があってもこちら方面に来る機会はなかなかなかったので今回初めて訪れました。
(今回もこっちに用事があったわけではないのですが^^;)



サンストリート亀戸
噂には聞いていたものの,想像以上に本当に小さなステージと客席でした。
あまりの小ささに,かつてPerfumeが出演していた場所だとは信じられず
しばらく固まっていたような気がします。
訪れたのが平日の昼間だったので,写真でもわかるように人もまばら。
小さな子ども連れの親子や,学校帰りの高校生が数組いただけでした。

かつてPerfumeがこの小さな場所でライブを行っていたという
にわかに信じがたい「非日常」と,
そんなことはなかったかのように静かで人のまばらな,
平日昼間のショッピングセンターという「いつもの日常」が共存していた
不思議な空間でした。
(もっとうまい言葉があれば・・・)

そんなことを考えていると,サンスト内のラーメン屋さんにPerfumeのサインが
あったことを忘れてしまいました。
次回行ったときにまた行ってきます!

というわけで⑥亀戸編,完結です。

▲PageTop

~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その8

ゆかりの地

まだやってました&お久しぶりですのこの企画。


聖地巡礼の東京編をエリア別に紹介しています。

過去の記事はこちら
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その1 (池袋)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その2( 渋谷・代官山 前篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その3 (渋谷・代官山 中篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その4 (渋谷・代官山 後篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その5 (恵比寿・原宿)

~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その6 (代々木公園 前篇)
~記憶と記憶の間たどって~ 東京編 その7 (代々木公園 後編)


今回は⑤九段下・水道橋です。

このエリアにあるのは日本武道館&東京ドーム

両方ともかつてPerfumeのライブが行われた場所です。

日本武道館
P4291091.jpg
(夜しか行けなかったので、暗くて見えにくいですが^^;)

2008年11月6日・7日
ライブ 「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」

("a"は10個、"!"は5個ですw)

そして、
2012年5月8日~12日
JPNツアー追加公演 日本武道館4Days


どちらのライブもPerfumeにとって節目となる、素晴らしいライブであったんですが、
僕はどちらとも参戦できていません(T△T)
2008年当時は広島に住んでいたのにPerfumeのことを詳しく知らず。
2012年はどうしても都合がつかず、、、。

そのため、ライブでは一度も来たことがない場所ですが、この場所への思い入れは強いです。



東京ドーム
P2210790.jpg

2010年11月3日
「結成10周年、メジャーデビュー5周年記念!
Perfume LIVE @東京ドーム『1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11』」


ちょうど2年前の今日。
僕は人生初ライブがこの東京ドームでした。
当時撮った、数少ない写真の一枚
PB030412_20121103215208.jpg

ドームライブが発表されたとき、
初めての一人旅。初めての東京。初めての夜行バス・・・などなど
不安要素はいくらでもあったのですが、
「これは行かなければいけない」
「他のどんな予定があろうと行かなければならない」
と、何かに取りつかれたような状態になっていたkとを覚えています。

初めてのライブで驚いたこと。
それは、「自分の周りがみんなPerfumeファン」ということ。
今となっては当たり前なんですが、ドームではその状況にオドロキ、感動しました。

終了後の東京駅夜行バス乗り場も多くのファンであふれていました。
ちなみに帰りの夜行バスで隣に座った人もPerfumeタオル持ってました。
P2210802.jpg


ところで、ドームライブでポリリズムとともに披露された「ねぇ」
その中のこの一節
「信号が青に変われば後はこの先に待ってるのは広い海」

これを聞いて
「広い海」→海外
「信号が青に変われば」→準備はできているよ!

ライブ終了後には海外進出も考えているのかなと思いました。
結局本格的な海外進出はJPNツアー後となるんですが、
もしかすると水面下では海外に向けた動きもあったのかもしれないと
今でも勝手に思ったりしています。

今日の東京ドームは日本シリーズが行われていますが、
2年前のこの日、あの場で、同じ時間に起こっていたことを思い返しながら
何かいつもとは違った不思議な感じで野球中継を観ています。


最後に、東京ドームライブのときには知らずに素通りしてしまった場所
ラクーアガーデンステージ
P2210777.jpg

2006年にPerfume~Complete Best~のリリースイベントが行われた場所です。
このサイズのステージなので、せいぜい入っても100人~200人というところでしょうか?
実際に行ってみてわかったのですが、本当にドームの目と鼻の先。
「ラクーアからドームへ」のPerfumeの歩み。
実際の場所に来て、改めて実感したというか、逆に信じられなくなったというか・・・。
そんな不思議な感情でした。
P2210782.jpg


九段下&水道橋編、完結!

次はちょっと離れて⑥亀戸周辺
いつになるかな・・・?

▲PageTop

Menu

プロフィール

ねっち

Author:ねっち
P.T.A会員の男性
Perfumeさんと同じ広島市出身
広島市在住
年齢:あ~ちゃんの2歳下
   2月15日生まれ

ライブ初参戦は東京ドーム(2010)
その後は
広島フラワーフェスティバル(2011)
JPNツアー(2012)
福岡1日目
名古屋1日目
広島2days
LV@広島バルト11(2012)
   +オフ会
Perfume4th Tour
in Dome「LEVEL3」
京セラドーム1日目(2013)
ぐるんぐるん(2014)
 広島2days
 福岡2日目
 大阪1日目
 代々木1,2日目

に参戦

Perfumeを求めてどこまでも
Perfumeゆかりの地巡りをたまにやっています。
(「ゆかりの地」カテゴリ)
場所やアクセス方法などで
質問ありましたらコメント欄等へお気軽にどうぞ。
喜んでお答えします(^ω^)
過去記事でも遠慮なくコメントください!

ちなみにブログタイトルは、
2007年~2008年のPerfume初の
カウントダウンライブ(in Zepp Tokyo)でのあ~ちゃんのセリフからです。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。